もともとは犬派
c0016342_154125.jpg私は香港に来て2年半はダンナ様の実家で同居していました。その時は3匹のシーズがいました。もともと義妹が1匹のシーズを買ってきて、その子が子供を生んだのです。
その子供達は生まれた後に親戚や友人に全て引き渡す予定だったのですが、右のワンちゃんは体の毛の色の配色があまりキレイではないので引き取り手がなかった子です。
でも、この子が一番いい子で、この子も子供を産んで立派なお母さんになりました。
左の子は一番キレイな子。そのころ義弟と付き合っていた彼女が引き取ったけれど、政府のマンションに住んでいたために結局は飼い続ける事ができなくて出戻ってきた子です。
写っていませんが、もう一人の子は義父がと~っても気に入ってしまい、誰にも渡さないと言って手元に残した子。とにかく義父はワンちゃんのことをとってもかわいがっていました。

義父が一番かわいがっていた子は義父が亡くなる数ヶ月前に亡くなってしまい、残りのワンちゃんは去年の暮れから立て続けに亡くなってしまいました。13.4歳だったかな?(一番初めからいた母親ワンちゃんは私が香港に来る前に亡くなっていたので1度しか会ってません。)

もともと、ダンナ様は犬派。猫なんてイヤだ~という感じだったのです。
実際に親と別居して2人で暮らすようになったら犬を飼おうと、ペットショップを何件も回っていたのですから。このとき探していたのは「キャバリア・キング」
しかし、このキャバリア、香港ではメジャーじゃないのかなかなか見つからないんです。何十件も回って3.4匹にしか出会えなかったです。しかも、結構なお値段で。

ま~、私は日本で10年間猫を飼っていたので、元々は猫派。
それでも、香港で3匹のシーズと一緒に暮らして、散歩もしたしシャンプーもしてあげていたし犬もカワイイ。(このシャンプーが大変で1匹にシャンプーとドライヤーで1時間近くかかった。)

しかし、なかなかいい子に出会えないでいたら、いつのまにか夫婦2人で猫バカに変わっていました。そして「あと、もう一人・・・。」と考えるほどの立派な猫バカ夫婦に変身しました。
はて?次の衝撃の出会いはいつになることやら。

バカって言われるのはイヤだけれど「猫バカ」と言われるのはなんだか嬉しい。←ランキング参加ちゅう~
[PR]
by hachi--hk | 2005-05-02 02:10 | Hachiファミリー


<< マル秘、プライベートショット! ありがとう、リッキー >>