オーダー家具
今の家に引っ越したのは、昨年の2月末。
この時、購入を予定していた家具は、ベッド・クローゼット・チェスト・TVボード・ソファー・ダイニンセット・本棚でした。
でも、実際に買ったのは下の写真の2点のみ。
買わなかった理由は、
チェスト=>気に入ったデザインがなかった。特に今すぐ必要がなかった。
TVボード・本棚・ベッド=>気に入ったデザインがなかった。今まで持っていたものを使用。
ダイニングセット=>気に入ったデザインがなかった。帰国する方から安く譲ってもらったものをDIYして使用。

我が家の近くには、たくさんの室内設計のお店があります。
マンションの改装中には、何度も何度もお店を歩き渡り、結局ビビビビッ!と来て購入したのがクローゼットとソファーです。
c0016342_233954.jpgこのクローゼットはオーダーで買いました。かなり大きなサイズで収納力があり、扉が観音開きなのが気に入り購入決定。
サイズ、色はもちろんですが、中の棚の配置や引き出しを何個つけるかとか、引き出しのデザイン・素材を選べたり、鏡をつけたり、扉の取っ手のデザインを選んだりと、迷うくらいの選択肢があります。
我が家は古いマンションなので天井が高め。せっかく高いのだからと、上の棚の部分は追加で高くしてもらいました。(椅子に登らないと届かないのが難点)
家まで見積もりに来てもらい、実際に設置できるかどうかもちゃんと見てくれます。
狭い部屋を有効に使いたいので、壁一面にすっぽり収まるサイズで作ってもらいました。
これで、値段は6300ドル(約88000円)
オーダーでこの値段ですから、絶対にお徳!そう思いませんか?


c0016342_2333240.jpgもともとソファーは基礎部分が木か籐、もしくはウォータヒヤシンスのものを探していました。
しかし、これを探すのに大変苦労するはめに…。
でも、最低ソファーはないと生活しにくいと焦りだしたときに出会ったのが、このソファー。

このソファーも、オーダーです。
写真では木の部分が黒く写ってますが、実際はこげ茶色です。この色も10数種類から選べることが出来たのですが、なかなか決められませんでした。
わざわざ見本を外の明るいところまで持っていったり、今度はお店の暗い所で見てみたりと店員さんを困らせました。
結局、その時に決められず、気分転換してからまた来ることにして、後日決定。
サイズも木の色も決まったところで、今度はクッションの硬さと生地を決めなくてはなりません。
クッションは軟らかいよりも硬いほうが疲れないというお店の人の意見を素直に聞いて、あとは生地選び。
なんだかどれも今ひとつ。ふと、ダイニングテーブルに敷かれたカバーが目に入って「これは?」と聞くと、それでもOKという事なのでそれに決定!

木は南の島(どこか忘れちゃった、インドネシアだったかな?)から取り寄せて、組み立ては中国でするだとか。注文してから3週間ほどかかったけれど、無事に引越しまでには完成。
このソファーもたしか6000ドル弱だったと思います。
既製のソファーなら半分くらいの値段で買える物もたくさんあるので、ダンナ様に反対されるかな~と思ったのですが、ダンナ様もこのソファーを気に入ってくれて気持ちよくOKしてくれました。(もし反対されても、ソファーだけは譲れなかったので強行購入したと思うけれど。)

いや~、家具選びって大変。私達の場合は改装の為の設計だとか、タイルとか便器とかキッチンとかも決めなければいけなかったので、正直家具までなかなか気がまわらなくて…。

とりあえず、どうにか暮らせるようになったらパタリと購入意欲が消失。(もちろん、お金はとっくに消失)
そろそろ、他の家具も買い換えたいところなんですがね~。

でも、インテリアの雑誌やHPを見るのは結構楽しい。
「これもいいなぁ~。」とか「こんな感じにしてみたいなぁ~。」なんて夢を膨らませている途中なのであります。

でも、最近は「デザイン」「サイズ」「価格」の他に「リッキーにボロボロにされない。」が条件に加わりました。これが案外一番大変かもね?
[PR]
by hachi--hk | 2005-08-22 02:36 | 香港プチ・珍情報


<< 再チャレンジ! リッキーアルバム4 >>