豆乳
c0016342_23111617.jpg最近のマイブーム。
それは「豆乳」です。
ほぼ毎朝飲んでいます。時々、きな粉を溶かしたりして飲んでいます。
写真の豆乳は左が黒豆、右が普通の黄色い豆だそうです。1本(約600ml)6ドルですが、黄色い方は2本で10ドルになります。砂糖入りと砂糖なしがあり、砂糖入りでも甘さが控えめになっていて飲みやすいです。私は時々、砂糖ありと砂糖なしを買って混ぜて飲んだりもします。

実は、豆乳って大~きらい!な飲み物でした。
最近日本でもまた豆乳ブームらしいですが、ちょいと昔にも豆乳ブームがありましたよね?
私の父は、こうゆう健康によさそうな食品にすぐ飛びつくので我が家にも常に豆乳が冷蔵庫に入っていました。
どんな味なのかと思って一度飲んでみたら

激マズ!!

それ以来「豆乳=激マズ」というのがインプットされてしまい、それっきり2度と飲みませんでした。

香港では、日本よりも豆乳が一般的に飲まれているように感じます。
スーパーではもちろん、街中やレストランでも新鮮な豆乳を簡単に手に入れることができます。

しかし、豆乳大~きらいの私は一度も飲んだ事も飲もうとした事もありませんでした。
そんな私が香港で豆乳を飲むきっかけになったのが、お友達から紹介してもらった麺屋さんなんです。
このお店、2時半以降になると追加料金なしで、豆乳が付いてきます。
他にもこのようなサービスのあるお店は結構あるのですが、私は今までいらないと断っていました。
でも、せっかく無料だしと思い、この時は飲んでみる事に・・・。

お味の方は・・・、

あれ? おいしい?

さらっとしていて豆臭さも無く飲みやすかったのです。

それから、健康のことも考えてすすんで飲むようになりました。
今まで長年、朝はキンキ~ンに冷えたアイスコーヒーを飲んでいたのですが、今ではコーヒーの変わりに豆乳を飲んでいます。

お店によって微妙に味が違ったり、甘さが違うので飲み比べをするのも楽しみの一つ。
もっぱら近所の専門店みたいなところで買っていますが、たまにスーパーの黒ゴマ入りなんかも買います。

豆乳を毎朝飲む習慣になった理由の一つは豆乳に含まれる栄養素の「イソフラボン」に注目したからなのです。

この「イソフラボン」は女生ホルモン(エストロゲン)と似た働きをするそうです。(女性の方なら既にご存知の方も多いはず。)
私はここ数年、関節の痛みに悩まされています。
一時は両手の薬指の第一関節が傷み、米をといだりシャンプーをしたりするのも苦痛なほど悪化。病院で薬をもらったりして、少しずつ回復してきましたが、無理をするとまたチクチクと痛み出します。
そして、最近は手首の痛み。家事以外の時はできるだけサポータをして安静にしています。
そこで、いろいろネットで検索しているうちに「豆乳」にたどり着いたのでした。

女性ホルモンはカルシウムが溶け出すのを抑制することから、骨粗鬆症の予防効果や乳がんや前立腺がんの予防効果があるそうです。

そのほかにも「豆乳(大豆)」は、美容と健康に役立つ栄養がたくさん含まれています。

毎日飲み続ける事で、身体のなかからキレイになってやるぞぉ~!


===============================================
別冊・Hachiの香港ニャン家計簿も更新しました!
[PR]
by hachi--hk | 2006-03-09 23:14 | 食材・食品


<< 猫まみれの休日 ナーゴ コレクション >>