「ほっ」と。キャンペーン
初!中医。
c0016342_16301944.jpg5週間も引きずっているゲホゲホ。
だいぶ良くはなっているけれど、ここで根本的な問題を解決しないとまたいつか同じことになると思い、初めて「中医」に診てもらうことにしました。

2日分が処方されましたが、自分の家で煎じるには鍋も買わなくてはいけないし、時間がかかりとても大変。
写真の左がわに「清水 5碗 煎至 1碗」と書いてありますが、これは、5杯の水で1杯の量になるまで煎じるという意味です。
自分でちゃんと1碗に煎じられる自信はないし、
職場の香港人スタッフに「中に何が入っているか知らないほうがいい。」とアドバイスされていたので今回はお店で煎じてもらうことにしました。
(万が一、干したトカゲみたいなのが入っていたら怖いし・・・。)

この前、死ぬ思い出飲んだ「止咳茶」の数十倍も苦い!
もう、普通の顔では飲めません。
あ~、人間って、本当にまずいものを飲んだときにはこんな顔になっちゃうのね!

苦いけれど、それをチビチビ飲んでいると、ず~っと苦いので、
気合を入れて5口くらいで一気に飲んだほうが苦しくありません。

はい、わかってます、わかってますとも!
で、でも、実際は「もう5口ガブガブ飲んだぞっ!」と思ってカップを覗いてみると
まだまだ半分以上も残っていて倒れるかと思いました。(;´Д`A ```

身震いブルブル、顔のパーツを全部中央に集合させて、頑張って飲みました!
ここまで頑張って飲んだのも、本当に今回の咳が辛かったからです。
とりあえず2日分処方されて、先ほど2日目の薬も取りに行って飲み終わりました。
これで良くなってくれるといいのだけれど・・・。


ちなみに、付き添いで一緒に行ってくれたダンナ様。
普段「涼茶」は飲んでいても、ちゃんと中医で診てもらったことはないんだとか。
私の診察が終わって「さぁ~帰りますか。」と立ち上がったら、
ダンナ様がおもむろに椅子に座って中医の診察を受けていました。
∑(・o・;) アッ アナタ、付き添いだけじゃなかったの?

つい最近「たばこを止める。」と言い出して、吸う本数を減らしていたダンナ様。
朝起きたときにも疲れが残っているような感じがするんだとか。
(毎日遅くまでお仕事だもんね、お疲れ様!)
結果、ダンナ様は3日分処方されていました。
私は2日、どうやらダンナ様のほうが大変だったようです・・・。

今年の夏から「苦瓜茶」と「もろみ酢」を飲み始め、そしてとうとう二人揃って「中医」に掛かる。
何かと言えば「健康の為。」だとか「健康に悪い。」などと口にするようになった二人。
これからどうなることやら・・・。


しかし、この「薬方(処方箋)」
なんて書いてあるのか、まったくわからんチンでございます。


【余談】
診察の最後に「腰は痛くないか?」と聞かれました。
「なんで、咳が出るって言ってるのに腰なの?」と思いながらも「ありません。」と
応えました。(咳が一番酷かった2週間前くらいは背筋とか横隔膜が痛かったけれど。)
でも、家に帰って急に思い出したんです、前日の仕事中に、腰が痛くて痛み止めを飲んだことを。
腰が痛くなった原因は、便秘と同じ体勢で長時間座っていたことが原因だと
思うのですが、それを当てた中医!
お、恐るべし! 脈診ただけで、なんでわかるの?
[PR]
by hachi--hk | 2007-10-08 16:30 | 香港プチ・珍情報


<< 新メニュー開拓 媽☆生日快樂! >>