カテゴリ:プチレシピ( 9 )
ブロッコリーと牛肉のオイスターソース炒め
c0016342_23134028.jpg美味しそうなブロッコリーが安売りされていたので、久々にブロッコリー料理に挑戦。3つも買ってしまったので飽きないようにどんな味付けにしようかな?と考えてみました。

1個目は、しいたけと一緒にニンニクを効かせたバター醤油炒めに。翌日はオイスターソース炒めにしました。はじめはホタテと塩味で炒めようかと思ったのですが、違う料理を作る予定で冷凍庫から出しておいた牛肉があったので、それを使ってオイスターソースで炒めてみました。



【作り方】
1)ブロッコリーを茹でる
2)牛肉に、ニンニクとショウガ(みじん切りかすりおろし)、塩コショウ、オイスターソース、
  醤油、砂糖、酒、片栗粉、ごま油で下味をつける。
3)合わせ調味料の準備…オイスターソース、醤油、酒、砂糖、鶏がらスープ、コショウ、片栗粉
4)ニンニクとショウガをゆっくり油で炒めて香りを出す。そこへ茹でたブロッコリーを入れ
 軽く炒めてから一度お皿に取り出す。
5)次に牛肉を炒める。ほぼ火がとおったらブロッコリーを戻し合わせておいた調味用を加えて一気に仕上げる。
6)仕上げに香りづけでごま油をたらして出来上がり。

今回は他に彩りに使えるような野菜がなかったのでブロッコリーと牛肉だけでしたが、
あれば、ニンジンやミニコーンなどを加えると見た目もきれいで美味しそうで仕上がると思います。

久々にプチレシピでした。

しかし・・・、

レシピを書いていて気がついたけれど、毎度同じような味付けばかりだなぁ~と思いました。
で・でも、食べると微妙に違うんですよっ(汗

さて、あと残り1個はどんな料理にしようかな?
[PR]
by hachi--hk | 2005-12-12 23:10 | プチレシピ
冬瓜と火腿(中国ハム)のスープ
c0016342_0264535.jpgブタ連鎖球菌が問題になってから、すっかりおみそ汁の登場が増えた我が家の食卓。(おみそ汁のほうが作るのが楽だという理由もあるのですが。)
でも、やっぱり中華風のスープが恋しくなるんですよねぇ。
最近豚肉を買うときは、パークンで売っているタイ産の豚肉を買っています。これがですね、悪くないんですよ。今まで買っていた中国産の豚肉よりニオイが少ないし、なにより軟らかい。先日は厚めのロース肉を買ってとんかつにしましたが、やわらかく揚って美味しかったです。(それでも、以前より豚肉を食べる事が少なくなりました。)

久々のスープは「冬瓜と火腿(中国ハム)のスープ」
今まで冬瓜をスープにするときは干ししいたけを使っていましたが今回は素材の旨みを生かそうと思い普通のしいたけを使いました。

【材料】
豚肉の塊、火腿、干しエビ、干し貝柱(ミニ)、冬瓜、しいたけ

【作り方】
1)干しエビ、干し貝柱を水に入れて戻す。(一晩かけてじっくりもどすと更に美味しい)
2)豚肉に塩を揉み込む。(これも、もみ込んで一晩おいてもOK)
  豚肉は塊のままでもOKですが、今回は太めに棒状にカットしました。
  (素材の旨みとスープの色をキレイに仕上げる為にしょう油は今回使いませんでした。)
3)冬瓜、しいたけは好みの大きさにカット。
4)鍋に水を入れ、戻した干しエビと干し貝柱を汁ごと加え煮立たせる。
5)沸騰したら豚肉を加え、アクをすくいながら少し煮立たせる。
6)冬瓜としいたけを加えて冬瓜が柔らかくなるまで煮る。
7)コショウを少々振って、好みで食べる直前にごま油をたらす。

*今回、塩は豚肉にもみこんだ以外使用していません。
  火腿やエビ、貝柱から出た自然の塩気&旨みで十分でした。
*一度火を止めて30分~60分後に再び温めると冬瓜に味がよくしみ込みます。

仕上がりはこちら
[PR]
by hachi--hk | 2005-10-30 00:30 | プチレシピ
火腿(中国ハム)とハクサイのクリーム炒め
c0016342_125564.jpg先週、義母から火腿(中国ハム)をもらったので、今夜は炒め物に使ってみました。
(写真の背後に写るのは、ニオイに誘われて来たリッキーのアンヨです。)






火腿(中国ハム)とは、
豚の後脚を整形、塩漬け、洗浄、日干し、整形、発酵させて作った中国ハム。発酵させることにより、香り、旨味が増す。中国名は火のような赤色の腿という意味。塩味が強く保存性に富む。中国では蹄つきの足をぶらさげて売っている。
浙江省の金華産を代表とする金華火腿 ヂンホアフオトェイ(南腿 ナントェイ)、雲南省の宣威 シュアンウェイ を代表とする雲腿 ユントェイ などがある。
辻調グループ校HPより抜粋

ほっほ~、勉強になりました。
今回義母からもらった火腿には「宣威火腿」と書かれてあったので、雲南省のものだということが、このHPのおかげでわかりました。ありがとう、辻料理学校さま。

中華食材には塩漬けされたものがいくつかあります。魚だったり、卵だったり。
どれも、初めてニオイを嗅いだ時には「臭っ~!」と顔をしかめてしまうほど。
でも、不思議。この「臭っ~!」が料理をすると「良い香り~!」と変化するのです。
(もちろん、ダメな人はダメ)


c0016342_1253143.jpgそして、今日作ったのがこれ。「火腿とハクサイのクリーム炒め」

火腿はとにかく塩分が強いのでたくさん使うと味がしょっぱくなるの少量使います。

【準備】
1)火腿を出来るだけ薄切りにす。
2)ハクサイは食べやすい大きさに切る。
3)にんにくのスライスを準備する。



【調理】
1)にんにくを油で炒めて香りを出す。
2)火腿をかるく焼く。(さ~っと表面をあてる程度)
3)ハクサイの硬い部分を先に入れ炒める。
4)スープを注ぎ、ハクサイの葉の部分も入れる。
5)砂糖・酒で調味し炒め煮にする。
6)更に牛乳を30~40ccほど入れさらに炒め煮にする。
7)片栗粉でとろみをつけ、ごま油と黒胡椒で出来上がり。

*牛乳を入れない場合は味をみてしょう油をいれる。
*牛乳を入れてから少し長めに炒め煮すると、牛乳臭さが消えます。

今回は火腿を多く入れ塩気が強すぎたのでスープを多めに入れて味を調節しました。
そうしたら、かなり汁の多い炒め物になってしまった・・・汗
ハクサイの量にもりますが、上の写真の断面で5切れくらいで十分だと思います。今日は10切れくらい入れてしまった・・・。

次は、冬瓜と一緒にスープにしたり、チャーハンにしてみようかと思っています。
[PR]
by hachi--hk | 2005-10-08 01:31 | プチレシピ
香港家族が喜ぶ簡単レシピ
c0016342_16454147.jpg見た目の派手さはありませんが、これさえあれば香港人家族が大喜びというレシピをひとつご紹介したいと思います。
名づけて・・・、何だろう?「中華風蒸しハンバーグ!?」かな??

これを、ご飯に乗せてちょっと交ぜ交ぜして食べるとおかず無しでも1、2杯はいけちゃうかも?

作り方は↓にあります。

作り方はこちら
[PR]
by hachi--hk | 2005-10-06 16:47 | プチレシピ
在庫整理レシピ
c0016342_22375389.jpg先週から、冷蔵庫の在庫で料理を作る日が続いています。
実は、先週の火曜日にジャスコで買い物をした後、今月の予算が残り100ドル(約1400円)になってしまったんです。まだ月半ばだというのに、なんで~?

ジャスコで多めに食材を買ったので、それらを小分けに冷凍しておけばどうにかやっていけそうかなぁ~と、やや弱気。
後日、野菜や豆腐、鶏肉などを街市や近所のスーパーで追加補充し、どうにか今日までやってきました。
野菜炒め・スープは必ず作り、その他におかずは2品。(作る料理によっては1品)

今日は買い物に行かないと野菜が足りないと思ったのですが、出掛ければあれやこれやと結局お金を使ってしまうので、買い物は中止。
ゴソゴソと冷蔵庫を物色して作ったのがこの料理です。

【ちびホタテときゅうりのXO醤炒め】
1)ちびホタテは塩コショウ・酒・ごま油・片栗粉で下味をつける
2)きゅうりは2箇所皮を剥き、たて半分に切った後、種をスプーンで軽くそぎ取る。
  (こうすると、炒めた時に水っぽくならないらしい)
3)合わせ調味料の準備(鶏がらスープに塩・胡椒・酒・醤油・砂糖)

4)油にみじん切りにしたにんにくを入れて香りを出す。香りが出たら1)のちびホタテを入れて炒める。
5)ホタテに火が通ったらきゅうりを加えて軽く炒めて、3)の合わせ調味料を入れる。
6)XO醤(我が家は辛くないものを使用)を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける。
7)ごま油で香り付けして出来上がり!

今回はきゅうりしかなかったので野菜はきゅうりのみになりましたが、翡翠瓜なんかも
合うと思います。

c0016342_2372811.jpgあとは、ミニコーンとスナップエンドウと炒めても美味しいと思います。ブロッコリーもGOOD!

給料日まで、あと何日かなぁ~?
給料日前になると、冷蔵庫の在庫がどんどん無くなります。ちょっぴり悲しいけれど『こんな時こそ冷蔵庫の中を掃除するチャンス!』
こんな風に前向きに考えればどうにか今月も乗り越えられそうだ~!(きっと…。)
[PR]
by hachi--hk | 2005-08-25 22:45 | プチレシピ
簡単鶏レシピ
c0016342_1352772.jpg

「鶏手羽の香草焼き」


【作り方】
1)余分な皮を切り落とす。(我が家は健康のためにこうしています)
2)皮ではないほうに少し切り込みを入れます。(味がしみ込み易いように)
3)多めに塩・胡椒をまんべんなく振ります。(この鶏の量で塩は小さじ1弱)
4)香草(今回はパセリとバジル)を加え最後にオリーブオイルを多めにまわし1時間ほど寝かせます。
5)フライパンに油をひかず、そのまま皮のほうから香ばしく焼いて出来上がり。
6)お好みでレモンをどうぞ!


昨年のクリスマスに思いつきのまま作ったレシピが、今では我が家のお気に入りメニューに
なっています。
クリスマスには鶏のもも肉を使いましたが、最近は鶏手羽を使っています。
日本にいたころには骨付きの肉を食べる機会があまりなかったけれど、香港に来てからは
骨付きじゃない肉を捜すほうが大変だったりすることもしばしば。
始めは上手に食べられず、きたならしい骨の残骸が残っていたけれど、今ではダンナ様に
「よっ、鶏専門!」と冷やかしが入るほど綺麗に食べられるまでになりました。

香港で鶏手羽はスーパーで簡単に手に入るけれど、夕方遅くに行くとアメリカ産が売れきれで、
ブラジル産しか残っていない事が多い。
胸肉やささみはどこの産地でも気にならないけれど、骨付きの手羽やもも肉はアメリカ産の方が
美味しいように感じませんか?アメリカ産が売れ切れの時にはこの料理は諦めています。
ちなみに、この量で13ドル(約180円)
簡単、美味しい、安い!で我が家にとってありがたい助っ人メニューであります。

余談ですが、香港で美味しい鶏のひき肉って手に入るのでしょうか?
つくねや鶏そぼろを作りたいと思っているのですが、脂の多いひき肉を見つけられません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。ヨロシクお願いしま~す。
[PR]
by hachi--hk | 2005-07-24 01:37 | プチレシピ
節瓜の漢方スープ
c0016342_23443036.jpg今日は久々に漢方スープを作りました。具にする野菜は他にもあるけれど、私は良く節瓜(ちっくぅわぁ)を使います。新鮮な節瓜の見分け方は、皮に生えている産毛みたいなのが触ってチクチクするくらいいいようです。節瓜は今回の悪天候には影響されていないみたいです。(よかったぁ~)
スープの作り方は毎度の漢方スープと大してかわらないので、今日は節瓜の剥き方をちょっくらご紹介。


c0016342_23445924.jpg瓜系のなかでもクセがなく扱いやすい野菜なので、すでにご存知のかたも多いと思いますが、こんな感じで剥きます。角の角ばった割り箸などがあれば、それを利用して上から下へ削ぎ落とすような感じで剥きます。(新聞紙を敷いて剥くと後片付けが楽チンです。)


c0016342_23525118.jpg割り箸ではなく、包丁を少し寝かして剥いてもOKです。ポイントは皮をあまり厚く剥きすぎない事かな?
(撮影協力:Hachiダンナ様)

翡翠瓜といい、節瓜といい、あたしゃ~瓜専門か!?

ミス瓜小姐大会があったら出場してみようかしら?

年齢制限で出場不可なんて言わないでね。←ブログランキング参加中!ウリウリっと押してちょっ。
[PR]
by hachi--hk | 2005-07-11 00:07 | プチレシピ
乾燥白菜スープ
今日は、時間があるので乾燥白菜(バッチョイ)スープを作ってみました。はくさいではありません、バッチョイといいます。
c0016342_0111614.jpgc0016342_0113955.jpg左が乾燥白菜です。右は一晩戻したもの。この乾燥白菜の香りって、なんだか懐かしい香りがするんですよね~。この戻し汁、良いダシになりそうなんですが、義母が使わないと言うので、とりあえず教えの通りに使いません。
戻した白菜を熱湯で少し茹でます。義母が言うには、茹でないと苦いというのです。でも、戻し汁も味見してみましたが、特に苦いというわけではないのです。・・・がここも教えの通りに。
戻した白菜は食べやすい大きさに切ります。

【その他の材料】
c0016342_0183084.jpg鶏肉半身  白菜(乾燥していないもの)
紅棗  干し貝柱(小)  杞子  にんじん
義母が作るスープには、まだまだ色々な乾物が入るのですが、私には難しいのでこれだけ。


c0016342_0214840.jpgc0016342_0221053.jpgまずは沸騰したお湯に野菜以外の材料を入れて煮ます。ひと煮たちしたら戻した白菜を入れて煮ます。今日は1時間ちょっと煮ました。途中、アクや脂はコマ目に取ります。最後に白菜(乾燥していないもの)を入れて2・30分ほど煮ます。
最後に塩で味を調えて出来上がり!



c0016342_0275381.jpg「ま~!美味しそう~!」とは言えない見栄えですが、香港のスープって大体はこんな感じじゃないですか?
たくさん作ったので、義母に半分持って行きました。私のスープを飲んで、あ~したらいい、こうしたらいいとアドバイスしてくれるといいんだけれどなぁ~。
お返しに、はくさいとヤクルトをもらって来ちゃった。

奥が深いんだよな~、香港のスープって・・・。
まだまだ、修行中のスープレシピでした。
[PR]
by hachi--hk | 2005-03-11 00:16 | プチレシピ
白菜心の干しえび炒め
c0016342_0194926.jpg
材料は、干しえび  白菜心   にんにく  
干しえびは柔らかくなるまで水で戻す。(大きさにもよりますが20分くらい。たっぷりの水に浸すと戻し汁の味が薄くなってしまうので、ヒタヒタ程度で戻します。)
白菜心は適当な大きさにカットしてよく洗う。

c0016342_0201419.jpg
にんにくと干しえびを多めの油でじっくり弱火で炒める。焦がさないように注意です。

c0016342_021257.jpg
香りがたったら油に塩を入れ白菜心を加える。すぐ強火にして油が白菜心全体にまわるように大きく炒める。(塩は干しえびの塩気で加減してください。)
油がまわったら、干しえびの戻し汁、酒、砂糖、チキンパウダーで味付け。
最後に醤油とゴマ油で香りを付けて出来上がり!
好みで、少量の水溶き片栗粉でとろみをつけてもOK!

c0016342_0205069.jpg
他の野菜にも応用が効きます。はくさいやチンゲン菜にもよく合いますよ。

白菜心は小ぶりで茎が白いものより、緑っぽいほうが柔らかいみたい。
久々にHachiのプチレシピでした。



c0016342_1592063.jpg
【追記】
干しえびについて、ちょいとご説明!
左の干しえびが今回使用したえびです。右の方が日本でも良くみかける干しえびです。香港では蝦米と呼ばれています。
蝦米は小えびを殻ごと干したものですが、今回使用した左(中国名不明)の干しえびはもう少し大きめのえびを身の部分だけ干したものです。(もっと詳しいことは私もわかりません。ごめんね)
お値段は品質にもよりますが、左の干しえびのほうがやや高めのようです。
[PR]
by hachi--hk | 2005-03-03 00:36 | プチレシピ