「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:日本( 3 )
季節はずれなお話を
実は、6月末に日本に里帰りしていました。
いつもは3月か4月に帰ることが多く、6月に帰ったのは
初めてかな?

リッキーが入院中ということもあり、
本当は帰りたくはなかったのですが、
もともと5月末に予定していた日程を、リッキーのことがあって
1度変更しているだけに、また変更というのは難しく、
後ろ髪を思いっきり引かれる思いで香港を飛び立ったのでした。

大切なお友達と会ったり、免許の更新をする以外に
特別な予定はなく(なくというか、する気になれず)、
友達との再会が終わった時点ですぐにでも帰りたい気持ちでした。

しかし、そんな里帰り中に
「帰ってきてよかった。」と思ったことが、これ!

「佐藤錦」
c0016342_1531289.jpg


毎年母の実家の山形県から送られてくるさくらんぼ。
子供のころは、さくらんぼの季節になると、朝晩ノルマのように
食べさせられていたさんらんぼ。

じっくり味わうというよりも、まさに「食べさせられていた」という表現がぴったり。
日持ちのしないさくらんぼが傷まないうちに食べなければならないので、
朝晩、各々ご飯茶碗に山盛りに盛られたさくらんぼを食べていました。
ご飯茶碗というのがこれまたポイントで、我が家でさくらんぼは全く高級品扱い
されていませんでした。

なので、私は結構いい年になるまで、この佐藤錦が高級であるということ、
知りませんでした。

しかし、香港で暮らしてみると、日本の果物の美味しさが、
いかにすばらしいかということを感じます。
ある程度のものは香港でも買えます。(高いですけれどね。)
でも、いくらお金を出しても買えないものもやっぱりあるんですよね。

私は7年前の6月末に香港に来たので、
実に、7年ぶりに佐藤錦を食べました。
山形から送られてくる佐藤錦は、まさに、昨日収穫しました!という
最高に新鮮でおいしいさくらんぼです。

私が滞在中に、本家から1キロ、おばさんの家から2キロ送られてきました。
母が、おばさんに「ちょうど娘が帰ってきていて、喜んで食べているわよ。」
「娘に食べさせるために、こっちが遠慮しながら食べてるわ~。」と電話でお礼を
したところ、なんと、私が香港へ帰った翌日にまた2キロ送られてきたそうです。

c0016342_15462590.jpg


今回は、美味しいものを食べに行くこともなく、特に買い物もせず、
何しに帰ったのかな?と思うような里帰りでしたが、この美味しい佐藤錦を
食べられることがきただけでも、帰った甲斐があったかな?

さて、次に食べられるのは何年後?
[PR]
by hachi--hk | 2008-09-15 15:30 | 日本
柱のきずはおととしの~♪
別冊・Hachiの香港ニャン家計簿 も、更新しました。
----------------------------------------------------------------------

c0016342_0355337.jpgこれは、日本の実家の居間の柱です。
築35年は経っているでしょうか?何度か改築をしていますが、柱は変わらず古いままです。
表面を削ってきれいにする方法もあるらしいのですが、わざわざ古いまま残しているのには理由があります。

その理由とは
[PR]
by hachi--hk | 2006-05-05 00:36 | 日本
恒例の餃子つくり
c0016342_14285252.jpgまたまた、里帰り中の話をおひとつ。
私がここ数年、里帰り中に恒例として行っている(行わなくてはならない)事が、これなんです。

餃子作り

兄夫婦は毎月1回美味しい物をたかりに孫の顔を見せに実家に来ます。
私が里帰り中はその時期に合わせて来ますが、その時用に作るのがこの餃子。

姪っ子が特に好きなようで、パクパク食べてくれます。
なので、ついつい気合が入って大量に作ってしまうのです。
今回も70個近く作りました。

私が作る餃子は、
日本の家族には「本場の餃子だぁ~!」と言われ、
香港の家族には「日本の餃子だか~!」と言われます。

さて、どっちなんでしょうね?

=====================================
別冊・Hachiの香港ニャン家計簿も更新しました!
[PR]
by hachi--hk | 2006-04-11 14:31 | 日本