カテゴリ:香港プチ・珍情報( 34 )
開けてΣ(・ω・ノ)ノ! びっくりっ!
今日のランチは外賣(オイマイ)。
ちょっと格好良く言うならば、デリバリィー・・・。

外賣専門店なら安くて速い!
水曜日のメニューから「海鮮炒公仔麺」を選択。
飲み物は熱檸茶。

電話で注文してから10分程度で到着。

ドッシリとした重さに期待が・・・。

さ~って、蓋を開けて、いっただきまぁ~す!

続きを読む  なんじゃこりゃ~
[PR]
by hachi--hk | 2007-09-20 01:42 | 香港プチ・珍情報
うまうま蛋撻
c0016342_180112.jpg
今日は、ハハの日。
腰に手をあて、足を肩幅以上に広げ「今日は何の日?」
ダンナ様に問いかけてみました。

すると、ダンナ様は
「はいはい、ハハの日ですよぉ~。それと、結婚記念日ねっ!」とのお答え。

はっ?∑(・o・;)

忘れてました・・・。

そ~だっ!そ~だっ!
6年前の5月13日、日曜日に私たちは日本で結婚式を挙げたんだっだ!
うっかり忘れていました。

それじゃ~、ちょっとオデブラしようかと、モンコックへ。
【モンコックへ行く=銀だこを食べる】がお決まりのHachi夫婦ですが、
今日はハハの日&記念日ということで、銀だこの前はスルー。

そして、Hachi夫婦の中で最近お気に入りの「峰寿司」へ。
え~、また回転ですが、何か?(;´▽`A``
(ここね、ネタが厚くて、脂っこいネタが多いのよ。私達脂っこいネタがすきなんです。)

お寿司を食べた後もダンナ様は、まだ銀だこを食べたかったようだけれど、
今日モンコックに来た目的が他にあったので、再びスルー。

その目的とは 「 蛋 撻 」

前日TVで紹介されていて、この蛋撻のパイ生地の厚さに引き込まれてしまったHachi夫婦。
少し不便なところにあるけれど足を運んでみました。
モンコックの自由街にある「富威海鮮餐廳」というレストランで販売されています。
店先には数人のお客さんが並んでいました。
並んでいるうちに、あれよあれよと売れていく蛋撻。
あ~っという間に売れ切れてしまい、次の出来上がりまで待つことに。
15分ほどまってようやくGET。
熱々の蛋撻、家に帰って速攻でチェ~ック!

パイ生地がサクッとしていて、甘さも控えめ。

大変おいしゅ~ございました。

1個3.5ドル。
蛋撻は、たいていどこで買っても美味しいけれど、これほどパイ生地が厚くて
中のカスタードもどっしり詰まっているものは初めて食べました。
わざわざ買いに行くにはちょっと不便な場所ですが、モンコックへ用があるときには
ちょっと足を伸ばしてまた買ってみたいと思います。

ちなみに、この蛋撻はお店でも食べることができます。
レモンティーやミルクティーと一緒にティーセットはいかがでしょうか?
なんか、とても香港チックでいいですよね!

蛋撻でお腹もいっぱい。
さて、夜は何を食べましょう?
[PR]
by hachi--hk | 2007-05-13 18:00 | 香港プチ・珍情報
魚 魚 さかな~っ!
おまっとさんでした~!(えっ?待ってない?)
街市でお買い物【魚編】で~すっ!


街市で一番買うのが難しいのは魚じゃないかと私は思っています。
なんせ、日本に住んでいた頃は一応都会っ子だったので、魚といえば切り身
さんまやあじなどはどんな顔かみたことがあるけれど、ほどんどの魚がどれくらい大きさで
どんな顔かなんて知りませんでした。

香港の街市では、魚は「尾頭付き」が当たり前。
「あら、はじめまして~!」ってなお顔もたくさん並んでいます。
日本では見たことも食べたこともない魚から、日本でもおなじみの魚まで
種類はとても豊富です。

【お店の特徴】
1)活魚をメインに扱っているお店
2)すでに死んでいる魚のみ扱っているお店(すでに死んでいるという表現はちょっと変だけれど
  香港だと、鶏でも魚でも活きてるか死んでるかは選択ができるので。)
3)川魚をメインに扱っているお店

大きく分けてこんな感じでしょうか?


【味】
香港でも養殖は盛んに行われています。
だたし、海水があまりきれいじゃないところで養殖されているせいか、
魚の種類によっては少し臭いが気になることもあります。(俗に言う、泥臭い感じ。)

川魚は言うまでもなく、臭いです(苦笑)
私は苦手なので買いません。(但し、魚好きの義弟が好んで買ってくるので食べたことはありますけれど。マジュ~イのよぉ~。)


【価格と買い方】
これは、はっきり言ってピンキリ。
だから買うのが難しいのかもしれません。
スーパーのようにすでにパッケージされて値札もついていれば気軽に選べるのですが、
目の前に並んでいるだけ、ましては泳いでいたりするものがいくらするのかを
把握するには最低限の広東語と、香港の街市で使われている重さの単位「斤」「両」
把握していたほうがいいと思います。
以前にも書きましたが、参考にしていただければと思います。

*重さをあらわす単位 
   両 → 1両=38g   16両=1斤(38g×16=608g)   8両=半斤
   斤 → 1斤=605g  ↑の計算とビミョーに違いますが…
 ポンド → 1ポンド=453.6g


野菜はほとんどが「斤」で表示されています。(きのこなどの軽いものは「両」だったりしますが)
しかし、魚は「両」で書かれていることが結構多いのです。

1両 1.2ドルと書かれていたら、1斤では「16両=1斤」なので、19.2ドルとなるわけです。

1斤がいくらするのかはわかりました。
次に問題なのが、目の前のほしい魚がいったいどれくらいの重さなのかということです。
何度も買っているとだんだんとわかってくるものですが、初めのうちはこれがわからず
思わぬ高い買い物になることも…。

もし値段の表示がなければ「幾錢ア?」とか「點買ア?」と聞くと、
「1両、2蚊(マン=ドル)」とか「1斤25蚊」と言ってくれます。
そう言われても「じゃ~、これはどれくらいの重さで、いくらになるの?」というのは
なかなかわかりません。これも、やっぱり経験していくとわかってくるかな?

石班(ガルーパ)などの大きな魚だと、小さめのものを選んでも1斤(約600g)は
しますので、1両2.8ドルだったとしたら「2.8ドル×16両(1斤)=44.8ドル」
1両4ドルなら「4ドル×16両=64ドル」となるわけです。
(ただし、お頭の弱い私はとっさに2.8×16が計算できないけれど…。)

もう少し小さいのがほしければ「ヤウモウ 細Dア?」、大きいのがほしかったら「ヤウモウ 大Dア?」と言えばOK。
広東語はちょっと・・・というときは「これっ!」と指差しても大丈夫。
ただ、水槽で泳いでいる魚は水からあげると思っていた大きさと違うことが多いので
これまた気をつけなければならないのですが・・・。

すでに死んでいる魚なら、掴んで渡すか、陳列されているところから少し離した所に
置くと、お店の人が持ってウロコと内臓を処理してくれます。



【鮮度】
これは野菜も同じなのですが、街市だから必ず新鮮とは言えないと思います。
新鮮なものを扱っているお店もあれば、見てすぐわかるような鮮度の悪いものを
平気で売っているお店もあるので、やはり自分の目が頼りです。

私が買うときには、まず眼を見ます。にごってないきれいな眼をしていることが大切。
あとはエラの後ろ。エラをめくってきれいな赤色ならOK。
後は身に弾力があるものかな?
ただし、お店のおばちゃんたちは威勢が良いので、あまりべたべた触っていると注意されます。
それも、かなりデカイ声で・・・。
態度の悪いところだと、いつまでも選んでいて決まらないと、触ったそばから
どんどんと処理されてしまうこともありました。
もちろん、そんなお店は2度と買いませんけれどね。
(こんなことを書くと、街市の魚屋は怖い!なんて思われてしまうかもしれませんが
うまく付き合えば、お店の人たちはとても愛想が良く親切です。)

本当に鮮度の良いものは、内臓を処理した後のお腹がとてもきれいです。(内臓がスルリときれいに取れて、取れた後のお腹もきれい。)



【余談】
魚を触った後の指は、店先にぶらさがっているタオルで拭いてOKです。
しかし、このタオル・・・、
タオルと呼ぶには恐ろしいほど雑巾化してますので、できればティシュを持参しておいたほうが
いいでしょう。


街市では、大小さまざまなイカが売られています。(大小さまざまなのはイカだけではありませんが。)
イカを買う時は、イカの中に魚が入っていないかどうかの念のため確認したほうが
いいかもしれません。
大き目のイカだと、餌として飲み込んだ魚が内臓に入っていることがたまにあるからなんです。
小魚ならいいのですが、アジくらいの魚が入っていると、その分だけ重くなり、値段も高くなるので要注意なのです。
イカはさばかずにそのまま持って帰ったりしますが、家に帰ってから気が付いては遅いので
大き目のイカの場合は、店先で簡単に裁いてもらうことをお勧めします。(足と胴体を離して
眼を切り落としてもらう程度。)


香港というところは、もともと非常に活気のあるところ。
もちろん、街市のおじちゃんやおばちゃん達は、ものすごい威勢がいい!
お客さんの態度が気に入らない時などは、大声で

「返大陸!(中国に帰りやがれ~っ!)」

みたいな事を叫んでいたりするのを何度が目撃したことがあります。
もし、私が言われたならば
「いえ、私が帰るのは日本ですから・・・。」とでも言えばいいのでしょうか?(;^_^A アセアセ


香港では、魚屋でカエルが買えます。
もちろん、観賞用ではなく食用です。
手づかみで選んでいるお客さんを見ると、たくましいなぁ~とある意味尊敬の眼差しで見てしまいます。。
ちなみに私はカエルは食べません。
カエルがさばかれた同じまな板で他の魚がさばかれるのも嫌なので、カエルを売っている
お店では魚も買いませんのぉ~。


それと、買った魚の口や内臓に釣り針が付いていることがあります。
知らずにそのまま食べちゃうようなおっちょこちょいはいないと思いますが、
家に帰って下処理をするときに注意して取り除きましょう!


魚を買ってお釣りをもらうと、たいていそのお釣り(札でも小銭でも)は濡れています。
そして、ちょっぴり魚臭いです。
私はお財布と別に小銭入れを持っています。
普段、街市での買い物は、50ドルもあれば十分なので、小銭入れに入れて
買い物をします。
ゴミゴミしている場所で、カバンを開け閉めしたり、大きな財布を出すのは面倒ですし、
湿って魚くさいお金をそのままお気に入りのお財布に戻すのも嫌ですからね。


そうそう、野菜編でも書きましたが、お釣りの間違いは良くあります。
先日も、6ドルの買い物をして10ドルを渡したら、お釣りが14ドルありました。
計算間違い、良く見ないで受け取るというのが間違える理由なのではと思います。
街市を愛する(ちょいと大げさ?)Hachiとしては、お釣りの間違えをボラレタなどと
言わずに、温かい目でみてほしいなぁ~と思うわけなんです。
あっ、10ドル多くもらったお釣りは、もちろん返しましたよ。(*^^*)
お店のおばちゃん、何で返すのか不思議そ~に見てましたけれど…。

・・・と、
ホンハム街市からHachi特派員がお届けしました~。

「私はこんな風に街市を利用しています。」とか、「街市で買った魚をこんな風に料理しています。」などの情報がありましたら、ぜひ!教えてくださ~い。

c0016342_13515231.jpgc0016342_1352636.jpg
[PR]
by hachi--hk | 2006-09-18 12:46 | 香港プチ・珍情報
誕生日の卵
みなさん、誕生日のお祝いコメントありがとうございます。o(*^▽^*)o~アリガト♪
ことし年女で、小さい子供に話しかける時に自分の事をお姉さん
呼ぶのに抵抗を感じる歳になりました。
えっ?まだお姉さんだなんて言ってたのか!と突っ込まれそうですが…。(^▽^;)

でも、幾つになっても「おめでとう!」と言われると嬉しいですね。

さてさて、「どうして卵を食べるのか?」「誕生日に卵とは知りませんでした。」とコメントを
たくさんいただきましたので、確認してみました。

まずは、久々に遅く帰ってきたダンナ様に。

Hachi :「ねぇ、なんで誕生日に卵を食べるの?」
ちち  :「えーっとね、知らな~い。昔からの習慣だから。」
     「でもね、必ず2個なんだよ。これは絶対に2個なの!」

Hachi :「へぇ~、なんで2個なの?」
ちち  :「中国ではね、2は縁起がいいの。縁起が良いことは2度来る様にって意味で2個なんだ。」

Hachi :「ふ~ん、でも、なんで卵じゃなくちゃダメなの?」
ちち  :「それは、わからない・・・。」

・・・と、と~っても信頼性の低~い回答だったので、
こんな時には、媽(お義母さん)に登場してもらいましょう!

夜の11時も過ぎているのに、お義母さんに電話。

ちち  :「お母さん、ちょっと聞きたいことがあるんだけれど。」「なんで誕生日に卵を食べるの?」
媽   :「どうしたの?急に。」

ちち  :「老婆(奥さん)がインタネットに書いたら聞かれたんだって。」
媽   :「ふ~ん、皆知らないのかしら? ゆで卵は食べる時に殻を叩いて剥いて
      食べるでしょう?」
      「まず一つ目の殻を剥くのは、母親が生んだ時の傷みや苦しみを取り除く意味。」
      「もう一つの卵の殻は、その子(誕生日の人)にふりかかる災いを取り除く意味よ。」


なるほどぉ~、さすがお義母さん!


つ~っか、つ~っかねっ、
ダンナ様の「縁起が良いことは2度来る様に説」は???
そ~ゆう意味もあるんですかねぇ?
それとも、デマカセ?(- -;)


お義母さんの説も、ダンナ様の説も本当に正しいかどうかはわかりませんが、
そんな意味あるとわかると、いつものゆで卵と違って見えますね。
ちゃんと朝に2個食べればよかったなと、ちょっぴり後悔です。
Hachiにふりかかる災いは取り除けたのかしらん?
次の日にもう一つ食べたけれど、ちょっと心配だわ。

みなさんも、ご家族やご自身の誕生日に、ゆで卵を「2個!」どうでしょうか?
(ただし、コレステロールが気になる方は黄身は残してね。)
[PR]
by hachi--hk | 2006-08-11 19:53 | 香港プチ・珍情報
街市でお買い物
香港在住ブロガーなのに、香港らしい情報や話題がかな~り少ない私のブログ(;^_^A アセアセ・・・

「街市で買った・・・。」くらいの話はあるものの
「街市とは?」とか、「街市での買い物の仕方。」などという、お役立ち情報が
なかったですよね?
これは、私が街市での買い物に慣れてしまい、香港に来た頃の新鮮な感覚が
薄れてきてしまったからかもしれないし、あとは、それほど街市の情報を知りたいと
思っている人もいないと思ったからです。
それに、「街市とは!」なんて語るほど知り尽くしているわけでもなかったので
「街市」を取り上げることもなかったのです。

でも、気がついたのですが(遅っつ!)、コメントやメール、そして直接お会いした方々から、
結構、街市について聞かれることが多かったなと・・・。

お役に立てるかどうかわかりませんが、私が日ごろ利用する街市の様子について
ちょっくら語ってみたりします。
「街市とか?」みたいなガイドブック的な情報はパスしますので、ご勘弁を。

お題 : 「私が利用する街市」 小学生の作文か!?(-。-;)

始めに、重さについてご説明

*重さをあらわす単位 
   両 → 1両=38g   16両=1斤(38g×16=608g)   8両=半斤
   斤 → 1斤=605g  ↑の計算とビミョーに違いますが…
 ポンド → 1ポンド=453.6g



街市では、ほとんど「斤(ガン)」「両(リョン)」で買います。

【野菜編】
例えば、ほうれん草の札に「8元/斤」と書かれていたら、1斤で8ドルという意味です。
(そんなの、とっくに知っとるわい!とか言わないでね。)
野菜炒めにするなら、たいていどんな野菜でも「半斤(ブンガン)」あれば足りるので
まずは「半斤」購入してみるといいかもしれません。
半斤より少し多めに買いたい時は「半斤 多D!(ブンガン ドー ディッ)」でも
いいですし、「6ドル分ちょ~だい。」と言ってもOKです。
ただ、この微妙な重さをちゃんと計算できるのか???なので、細かいことを気にしては
いけません(笑)
レタスなど持ちやすいものは、自分で選んでほしいだけ渡してもOKですが、(もちろん、ナスや
玉ねぎ、ブロッコリーなどは自分で選んでOKです。選んでいるとザル(カゴ)を渡してくれたりします。)
あまりグチャグチャいじると嫌がられるので注意です。
キレイなものや新鮮なものがほしいときは、
「こっちのキレイなほうちょうだい。」とか言えば大丈夫です。
私は最近「新界産」と書かれた野菜を良く買います。「新界産」を多く扱っている
お店があるので、ぜひ探して見てください。

【豆腐・もやし編】
街市のお豆腐は日本の豆腐とちょっと違いますが、炒め物や汁物に
使う分には私は気になりません。日本の豆腐は1度くらいしか買った事がないかな?
大きなお豆腐が1丁2ドル。
もやしは、ヒゲがついているのが1斤で3ドル、ヒゲを取り除いたものが1斤6ドル、
豆もやしが1斤4ドルです。(ホンハム街市価格)
もやしも半斤あれば結構な量になります。
油揚げは日本のものと形が違いますが、味はなかなか。2ドルも買えば充分ですが、
私はいつも5ドル分買って冷凍しています。

お豆腐は熱々が店頭に並ぶので、並びたてはとてもホッカホカです。
ビニールに入れるので注意しないとすぐに崩れてしまいます。
お豆腐を買う予定がある時は、お買い物の最後で買うといいかもしれません。(でも、崩れる)
傷みが早いので、家に帰ったら冷たい水に入れて、冷めたら冷蔵庫に保存。
一度に1丁はなかなか使い切れないので、半分は水に入れたまま翌日使います。
ただ、翌日になると多少硬くなりますが。(あまり新鮮ではないものを買うと次の日に
酸っぱいニオイがするので、ニオイ確認は必要です。香港に来てから、賞味期限より
自分の嗅覚を信じるようになりました。ヾ(・・;)ォィォィ )
検証したわけではありませんが、そのまま冷奴で食べるのはどうかな?と思います。
私はいつも、焼いたり炒めたり、スープやお味噌汁に入れます。
大豆の味が濃くて美味しいですし、焼いたり炒めたりしても煮崩れにくいです。

日本では見かけないお豆腐も何種類かありますが、日本のお豆腐に近いタイプは2種類。
上面に升の様に線が入っているのは、やや硬めです。料理法や好みで選びます。
ホンハム街市で私のお気に入りは、魚屋さん側にあるお豆腐屋さん。角のお店ではなく
八百屋さんの隣のほうです。感じのいいショートカットのおばちゃんが立っていて、お店の
奥のほうにおじちゃんが立ってます。


【価格】
よく、街市は新鮮で安いと言いますが、物によってはスーパーよりもかなり高い事があります。
たとえば、街市ではキャベツは重さで買いますが、スーパーでは時々1個いくらで売ります。
そのような時は、スーパーで買うほうが安いんです。
あとは、ブロッコリーやセロリ、玉ねぎやじゃがいもなども、スーパーで安売りの時は
スーパーの方がお得なことも多いです。
葉物は、よっぽどのことがない限り街市で買いますが、玉ねぎやじゃがいもなどはスーパーで
買うことが多いかな?
あとは、きゅうりやにんじんは、某日系スーパーの無化学肥料栽培のものを買うことも多いです。

それと、ローカルのお店で「ボラレた。」とか「お釣りを間違った。」などという話を聞きます。
私はボラレた事はないのですが、お釣りを間違われたことは何度かあります。
でも、全部つり銭が多いんです。(前にもブログに書きましたが、9ドル買い物して100ドル
渡したら、お釣りが111ドルとかね。)
きっと、つり銭を少なく渡された場合も悪意はないのかな?と思うのですが。
あとは、11ドル買った時に、気を利かせて21ドルを渡して10ドルお釣りをもらおうと思ったり
すると、相手がピッタリもらったと思い込んで、ろくに見もせずに受け取ってしまうことがある
ようなので、気の利いたことはしないほうがよさそうです。



以上が、私が5年間街市に通った経験談です。あくまでも、自分の経験上の話です。
「うちの近所の街市は違うわよ~。」とかあれば教えてくださいね。


ご希望が多ければ【魚編】【肉編】に続く!?
[PR]
by hachi--hk | 2006-05-27 12:03 | 香港プチ・珍情報
突っ込みどころ満載
c0016342_149837.jpg我が家で良く見る有線TVのチャンネル「12ch娯楽台」
日本のドラマなどを放送するので我が家では良くこのチャンネルにしています。
娯楽台にしていると、週に何度も放送される番組が「肥媽私房菜」
「肥媽」とは、直訳すると「太っているお母さん」
この肥媽(本当の名前はMaria)、もともと歌手らしい・・・。今でも十分「肥媽」だけれど、ちょいと前までは
この倍は太っていました。

c0016342_235117.jpgc0016342_243078.jpgどうです?凄いでしょう?
左が痩せる前で、右が痩せた後のエステの広告。
ここまでやる香港エステ。ビバ☆
豊かだと言うことの象徴なのか、香港もダイエットブームだなぁ~。

・・・。

ちがう!ちがう!

ダイエットがどうのこうのじゃなくて、今日言いたいのは、この料理番組の事なのっ!


c0016342_1492865.jpg「香港の女性は料理はあまりせずに、もっぱら外食。」なんて言われているけれど、本当のところはどうなんでしょう?義妹は確かに何にも出来ませんが・・・。
この肥媽、料理上手だと言われているらしいのですが、う~ん、どうでしょう?

ダンナ様とTVを見ては
「おいおい、それちょっと違うでしょう?」とか「包丁の使い方下手だなぁ~。」とか
「もう、出来上がり?」とか「鍋が大き(小さ)すぎる。」「油が多すぎる。」「あぁ~、焦げてるよ。」「まだ生じゃない?」などなど突っ込みどころが満載。

これで料理番組に出られるなら私だって出られる!と見た人なら思ってしまうかも。

「ただ、努力は認める!。」

これが、夫婦2人のいつもの感想。

最近、なんだかあれこれ手の込んだものにチャレンジしているみたいなんだけれど、今回のアヒルはやりすぎじゃないかぁ?

「ちょっとこれ、家ではやらないでしょう?」とダンナ様と激しく突っ込みました。

日本で、もしこんな風にアヒルが首を吊られて調理されている料理番組が放送されたらどんな反応かな?
香港では、こんな風にアヒルや鶏が丸々1匹で吊られている姿は別に珍しい事ではなく、街中では良く見る光景。
でも、さすがに家ではねぇ・・・。
そして、これを見て「よ~し、今夜は我が家もアヒルよっ!」と思う人がいるのだろうか?

この肥媽、大きな声で良くじゃべるので広東語の良い勉強になります。
食材や調味料の言い方が覚えられるし、突っ込みがいのある番組なので夫婦で楽しく見ています。(本来、料理番組って突っ込みどころがあっては・・・と思うのだけれど)
しかし、放送を見て作ってみようと思ったり、実際に作ってみたりしたことは一度もありません!(笑

でも、長寿番組らしい・・・。

この番組の見所はもしや「突っ込みがいがある」ところなのでしょうか?

ナゾ・・・。


でも、肥媽、エネルギッシュで明るくて好きです!
[PR]
by hachi--hk | 2006-01-26 01:49 | 香港プチ・珍情報
九龍城ブラ
c0016342_1482449.jpgc0016342_1484229.jpg


c0016342_1491717.jpgさてさて、先日のオデブラ(お出掛け&ブラブラ)の続きです。

はじめにブラブラしたのは「九龍城」地区。
香港=九龍城=香港マフィア、な~んて想像する人もきっといるはず。

今はこのようなのどかな公園(九龍寨城公園)になっていますが、ほんの10数年前までは「九龍城砦」とよばれる無法地帯でした。(もちろん、私は香港に来たときにはありませんでしたが。)
「九龍城砦探検記」というHPで詳しく紹介されていますので、興味のある方はどうぞ。

この「九龍寨城公園」は結構な広さがあり、端から全部見て回ろうとするとかなりの時間を必要とします。しかし、これが街のど真ん中にあるとは思えないほどののどかさです。
(一緒に行ったUさんはブヨに刺されましたので、ブヨには注意です!それと、夏の夕暮れ時に行くと壁に無数のヤモリが張り付いています。)

公園の向こう側には古い建物が見えます。以前は啓徳空港があったために高い建物の建設が禁止されていましたが、最近では近代的で高層のマンションがどんどん建設されてきています。

実はこの公園、私達夫婦が結婚する前にデートをしてたくさんの写真を撮った思い出の場所でもあるのです。(でも、記憶が薄れ気味なんだけれど…。)

公園を出た美女4人(まだ言っている)の目にとまったものは?

とれとれ、ぴちぴち、カニ料理♪
[PR]
by hachi--hk | 2005-12-03 01:50 | 香港プチ・珍情報
掘り出し物を求めて3時間
あいや~っ!週間天気予報はず~っといいお天気の予報だったのに雨が降りました~。
朝の天気予報も「晴れ」だったのによぉwwwwぅ。
今日はお出掛けの予定があるけれど、タオルケットを2枚洗濯して外に干しておいたのによぉwwwwぅ。
濡れたよぉwwwwぅ。

まっつ、今日は濡れても凹まない覚悟で干したので心のダメージはそれほどではありませんでしたがよぉwwwwぅ。(香港の天気予報って本当に当てにならん!プンスカ!)

天気の話はさておき、
今日は、ご近所に住むお友達と九龍湾の食器の会社(倉庫?)まで、掘り出し物を求めて行ってきました。(ここは、かなり有名らしい。)
なつかしいなぁ~、九龍湾!以前の仕事の時に、取引先が九龍湾に何社かあったので良く来ていたんですよ。食器の会社が入っているビルも直ぐに見つけることができました。(九龍湾はちょいと詳しいみたいな言い方をしてお友達を誘ったので迷子にならないでよかった~。)

噂どおり、いや、それ以上に凄いことになっていました~。
凄い数です!在庫管理がなってないというのかめちゃめちゃに棚に陳列されています。この食器の山から掘り出し物をみつけるのは本当に至難の業。

「あっ、これいい!」と思っても、同じ物がどこにあるのかわからない。必死に探して結局見つけられなかったり、見つけても意外と高かったりして買えなかったりと…。
(いいなぁ~と思うものがあったら、セットを探す前に値段を確認したほうがいいかも?)

クーラーもほどんど効いてない室内で汗だくになりながら探しました。
ホント、在庫一掃セールとかした方がいいよ、この会社!もう数年以上もほったらかしにされていそうな食器の山・山・山!

夢中になって選んでいると、カバンがお皿の山にぶつかって倒れそうになっていたりと冷や冷やものです。細い通路の両脇にも山のように食器が並んでいました。(結局、その通路は恐ろしくて通れなかった。)

もう、いいや~!っと、結局何も買わずに帰ろうとしたのですが、せっかく来たのにと思い、本腰を入れて再び物色。
気が付けば3時間が過ぎていました。(軽い脱水症状になるわっ!)

苦労の末、手に入れたものがこちら。

c0016342_010296.jpgc0016342_0101846.jpgこうゆうの、欲しかったんですよ~。
こうやって揃っていますが、ここまで揃えるのに大変苦労したんです。蓋、受け皿、本体が全てバラバラに置いてあるのでパズルのように「これで、合ってるのかな?」なんて組み合わせて、ようやく4セットGETできました。

c0016342_0221228.jpgその他には、トンボ柄のお皿と花柄の急須。このトンボ柄はお酒のおつまみとかを入れるのにいいかなぁ~と思って買いました。(予想していたより高かったけれど買っちゃった。)

「ねぇ、この急須、さっきの茶器を合わないんじゃな~い?」と思いました?

はい、合いません!

実はこれ、買ったんじゃないんです。もらっちゃったの。
内側の一部がちょっと欠けていたのですが(外から見る分にはわかりません)、それでもいいよと値段を聞いたらくれました。ウフ☆ ラッキ~!

とりあえず、目的のものがGETできたので大満足!
会社(お店?)の人も、みんな感じのいい人ばかりなので安心してお買い物ができます。(但し、食器の山には注意!)
またいつか、行ってみたいと思います。
[PR]
by hachi--hk | 2005-09-06 23:41 | 香港プチ・珍情報
オーダー家具
今の家に引っ越したのは、昨年の2月末。
この時、購入を予定していた家具は、ベッド・クローゼット・チェスト・TVボード・ソファー・ダイニンセット・本棚でした。
でも、実際に買ったのは下の写真の2点のみ。
買わなかった理由は、
チェスト=>気に入ったデザインがなかった。特に今すぐ必要がなかった。
TVボード・本棚・ベッド=>気に入ったデザインがなかった。今まで持っていたものを使用。
ダイニングセット=>気に入ったデザインがなかった。帰国する方から安く譲ってもらったものをDIYして使用。

我が家の近くには、たくさんの室内設計のお店があります。
マンションの改装中には、何度も何度もお店を歩き渡り、結局ビビビビッ!と来て購入したのがクローゼットとソファーです。
c0016342_233954.jpgこのクローゼットはオーダーで買いました。かなり大きなサイズで収納力があり、扉が観音開きなのが気に入り購入決定。
サイズ、色はもちろんですが、中の棚の配置や引き出しを何個つけるかとか、引き出しのデザイン・素材を選べたり、鏡をつけたり、扉の取っ手のデザインを選んだりと、迷うくらいの選択肢があります。
我が家は古いマンションなので天井が高め。せっかく高いのだからと、上の棚の部分は追加で高くしてもらいました。(椅子に登らないと届かないのが難点)
家まで見積もりに来てもらい、実際に設置できるかどうかもちゃんと見てくれます。
狭い部屋を有効に使いたいので、壁一面にすっぽり収まるサイズで作ってもらいました。
これで、値段は6300ドル(約88000円)
オーダーでこの値段ですから、絶対にお徳!そう思いませんか?


c0016342_2333240.jpgもともとソファーは基礎部分が木か籐、もしくはウォータヒヤシンスのものを探していました。
しかし、これを探すのに大変苦労するはめに…。
でも、最低ソファーはないと生活しにくいと焦りだしたときに出会ったのが、このソファー。

このソファーも、オーダーです。
写真では木の部分が黒く写ってますが、実際はこげ茶色です。この色も10数種類から選べることが出来たのですが、なかなか決められませんでした。
わざわざ見本を外の明るいところまで持っていったり、今度はお店の暗い所で見てみたりと店員さんを困らせました。
結局、その時に決められず、気分転換してからまた来ることにして、後日決定。
サイズも木の色も決まったところで、今度はクッションの硬さと生地を決めなくてはなりません。
クッションは軟らかいよりも硬いほうが疲れないというお店の人の意見を素直に聞いて、あとは生地選び。
なんだかどれも今ひとつ。ふと、ダイニングテーブルに敷かれたカバーが目に入って「これは?」と聞くと、それでもOKという事なのでそれに決定!

木は南の島(どこか忘れちゃった、インドネシアだったかな?)から取り寄せて、組み立ては中国でするだとか。注文してから3週間ほどかかったけれど、無事に引越しまでには完成。
このソファーもたしか6000ドル弱だったと思います。
既製のソファーなら半分くらいの値段で買える物もたくさんあるので、ダンナ様に反対されるかな~と思ったのですが、ダンナ様もこのソファーを気に入ってくれて気持ちよくOKしてくれました。(もし反対されても、ソファーだけは譲れなかったので強行購入したと思うけれど。)

いや~、家具選びって大変。私達の場合は改装の為の設計だとか、タイルとか便器とかキッチンとかも決めなければいけなかったので、正直家具までなかなか気がまわらなくて…。

とりあえず、どうにか暮らせるようになったらパタリと購入意欲が消失。(もちろん、お金はとっくに消失)
そろそろ、他の家具も買い換えたいところなんですがね~。

でも、インテリアの雑誌やHPを見るのは結構楽しい。
「これもいいなぁ~。」とか「こんな感じにしてみたいなぁ~。」なんて夢を膨らませている途中なのであります。

でも、最近は「デザイン」「サイズ」「価格」の他に「リッキーにボロボロにされない。」が条件に加わりました。これが案外一番大変かもね?
[PR]
by hachi--hk | 2005-08-22 02:36 | 香港プチ・珍情報
トイレが壊れました
我が家のトイレは改装の時に買ったものなので、まだ設置してから1年半しか経っていません。
香港に住む人なら1度は経験したことがあると言っても過言ではない、水周りの環境の悪さ。
我が家も上から下からと水難の相がでています。

まず、引っ越してまもないころ、トイレの水がタンクに溜まらず流れっぱなし。
ダンナ様が調節してみたところ、タンクに水は溜まるようになったけれど今度は
止まらずにタンクから水が溢れる始末。
買ったばかりで設置したばかりなのに、先が思いやられました。

先週あたりから、今度は壁からきている配管から水漏れ。
たぶん、最近何度も水が止まり、復旧する際にゴッホゴッホともの凄い勢いで
水がタンクに溜まるので、それが原因ではないかと思います。(また、その配管とやらが
ストローみたいに細いんですよ。)

午前の10時から修理開始。
近所の水道屋さんで、実家にいた頃からのお付き合い。
来た早々にTシャツを脱いで、そのTシャツで顔から体から拭きまくり。
タオルとか持ってないのかい?
拭くのは構わないけれど、そのキチャナイTシャツをブンブン振り回さないで~っ!

前にエアコンを設置にきた兄ちゃんもそうだけれど、こっちの工事関係の人って
なんで上半身裸になるんでしょうね?
(エアコンの時には、なかなかカッコいい男の子で、心がウハウハしたけれど。)

話を戻して、
修理はタンクを外して、結構大掛かり。
思った以上に時間がかかり、私の膀胱も破裂しそうになったわよっ。
途中で「トイレに行く?」なんて聞かれたけれど、乙女心としては行けませんわよねぇ~。

膀胱が破裂する前にどうやら終了。

修理代・・・500ドル(約7000円)  あ痛たった~。
便器は980ドルで買ったのにさ~。グスン。

水道屋のおじちゃん、修理が終わったら「床拭こうか?」なんて気を遣ってくれたけれど
後で自分で掃除するからと丁重にお断りしました。
おじちゃん、道具をしまって手を洗って顔を洗って、手鼻でぶっ!ぶっ!と鼻までかんで・・・、
最後にはシャワー室に入って足まで洗って行きました。

それと、作業の途中で手を洗った時や、配管に使うパイプなんかを、洗面所の
タオルで拭くから、タオルがびっしょり。手はいいけれど、パイプはどうかと…。
(脱いだ自分のTシャツで拭いてちょ~らいなぁ。ボソッ)

無事に修理も終わって、遅めの朝ごはんを食べながらネットをチェックしていたら

パキッ!と、いや~な音がしたんですよ。

椅子で寝ていたリッキーがトイレにすっ飛んで行きました。

まさか?と思いながらトイレに行ってみると・・、

チョロチョロチョロ~、と修理する前と同じ状況に。 はぁ~。

再度来てもらう事になったけれど、おかげで一日つぶれました。
(待っている間暇なので、今日は2回もアップしちゃいました☆)

これで最後にしておくれよ~ぉ。
[PR]
by hachi--hk | 2005-08-15 18:16 | 香港プチ・珍情報