タグ:漢方・中医 ( 2 ) タグの人気記事
微味
土曜日の夜から突然ノドが痛くなりました。

私の体調不良は(風邪など)いつもノドから。

早めに治そうと思い、中医のところへ。

これで、何回目だろう、お世話になるのは?

今までは2日、3日分の処方でしたが、
今日初めて4日分になりました。

中医が言うには、風邪ではなく、腎臓が弱っているとのこと。

私は医療従事者(だった)にも関わらず、体調の悪い時に
病院には行かない主義でした。(どんな、主義や?)
だって、どうせ痛み止めだの消炎剤だの、終いには
抗生物質を処方して終了だもの。
原因菌(ウィエルス)もはっきりしていないのに、
一般的な抗生物質を出しとけ!みたいな医者が多すぎる。

たまには、今すぐこの熱をどうにかしてくれ!
この鼻水を止めてくれ!というときにはお世話になるけれど、
最近は、症状だけを抑える・やっつけるだけの治療ではなく
体の根本的な歪みを治そうという考えから、
中医に診てもらうようにしています。

今回は、なんと、なんと!

私が処方される漢方の中で恐れていたものの一つである
「蛤蚧(オオヤモリ)」が入っているらしい。
ご丁寧に中医が「オオヤモリ入れるけれど。」と言ってくれたようだ…。

だ、旦那よ、こうゆうことは、かよわい妻の為に
ご丁寧に通訳するようなことはしないでくださいねっ・・・。

ちなみに、恐れているもう一つの漢方は
「蝉の抜け殻」です。
(今日、山盛り処方されているひとがいましたけれど・・・。)

料金も今回は特別で、
4日分の料金320ドル+192ドルだそうです。

もしや、この「+192ドル」は、オオヤモリ代なのか!?

c0016342_0155742.jpg写真は、日本の漢方屋さんのHPから失敬しました、
ちなみに、日本では1対で6000円ですって。
香港だと二桁で買えます。
精力効果もあるようですよ。殿方いかが?


ちなみに、日曜日から飲み始めていますが、
日曜から火曜日の夜は、体がだるく、のども痛く、舌が腫れた感じがしジンジン痛く、
1時間ごとに目が覚め、ベッドとソファーを行ったり来たり。完全に寝不足です。
水曜日の夜に、ようやく一回も目が覚めることなく朝まで眠ることができました。

今日は、体のだるさは無くなり、のどの痛みも引きましたが、
鼻水はどんだけ~ってなほど出ていて、
舌が腫れた感じもまだ残っています。(実際に腫れているのではなく、腫れていると感じるだけ)
お腹はすくけれど、ちょっと食べると気持ち悪くなってしまいます。(ダイエットにはちょうどいい?!)

漢方は昨日で飲み終わっているので、明日にでももう一度中医に診てもらおうと思っています。

私の症状を見て、職場の人には
「これが風邪じゃなかったら、なんなんだ!」と突っ込まれています(苦笑)
いやね、中医は奥が深いんだってばさぁ~。
[PR]
by hachi--hk | 2008-04-04 00:12 | 香港プチ・珍情報
初!中医。
c0016342_16301944.jpg5週間も引きずっているゲホゲホ。
だいぶ良くはなっているけれど、ここで根本的な問題を解決しないとまたいつか同じことになると思い、初めて「中医」に診てもらうことにしました。

2日分が処方されましたが、自分の家で煎じるには鍋も買わなくてはいけないし、時間がかかりとても大変。
写真の左がわに「清水 5碗 煎至 1碗」と書いてありますが、これは、5杯の水で1杯の量になるまで煎じるという意味です。
自分でちゃんと1碗に煎じられる自信はないし、
職場の香港人スタッフに「中に何が入っているか知らないほうがいい。」とアドバイスされていたので今回はお店で煎じてもらうことにしました。
(万が一、干したトカゲみたいなのが入っていたら怖いし・・・。)

この前、死ぬ思い出飲んだ「止咳茶」の数十倍も苦い!
もう、普通の顔では飲めません。
あ~、人間って、本当にまずいものを飲んだときにはこんな顔になっちゃうのね!

苦いけれど、それをチビチビ飲んでいると、ず~っと苦いので、
気合を入れて5口くらいで一気に飲んだほうが苦しくありません。

はい、わかってます、わかってますとも!
で、でも、実際は「もう5口ガブガブ飲んだぞっ!」と思ってカップを覗いてみると
まだまだ半分以上も残っていて倒れるかと思いました。(;´Д`A ```

身震いブルブル、顔のパーツを全部中央に集合させて、頑張って飲みました!
ここまで頑張って飲んだのも、本当に今回の咳が辛かったからです。
とりあえず2日分処方されて、先ほど2日目の薬も取りに行って飲み終わりました。
これで良くなってくれるといいのだけれど・・・。


ちなみに、付き添いで一緒に行ってくれたダンナ様。
普段「涼茶」は飲んでいても、ちゃんと中医で診てもらったことはないんだとか。
私の診察が終わって「さぁ~帰りますか。」と立ち上がったら、
ダンナ様がおもむろに椅子に座って中医の診察を受けていました。
∑(・o・;) アッ アナタ、付き添いだけじゃなかったの?

つい最近「たばこを止める。」と言い出して、吸う本数を減らしていたダンナ様。
朝起きたときにも疲れが残っているような感じがするんだとか。
(毎日遅くまでお仕事だもんね、お疲れ様!)
結果、ダンナ様は3日分処方されていました。
私は2日、どうやらダンナ様のほうが大変だったようです・・・。

今年の夏から「苦瓜茶」と「もろみ酢」を飲み始め、そしてとうとう二人揃って「中医」に掛かる。
何かと言えば「健康の為。」だとか「健康に悪い。」などと口にするようになった二人。
これからどうなることやら・・・。


しかし、この「薬方(処方箋)」
なんて書いてあるのか、まったくわからんチンでございます。


【余談】
診察の最後に「腰は痛くないか?」と聞かれました。
「なんで、咳が出るって言ってるのに腰なの?」と思いながらも「ありません。」と
応えました。(咳が一番酷かった2週間前くらいは背筋とか横隔膜が痛かったけれど。)
でも、家に帰って急に思い出したんです、前日の仕事中に、腰が痛くて痛み止めを飲んだことを。
腰が痛くなった原因は、便秘と同じ体勢で長時間座っていたことが原因だと
思うのですが、それを当てた中医!
お、恐るべし! 脈診ただけで、なんでわかるの?
[PR]
by hachi--hk | 2007-10-08 16:30 | 香港プチ・珍情報